クーエ・メソッド − 最強の自己暗示でメンタルを成長させる

エミール・クーエ

今から100年前、フランスのナンシーと
いう都市に、言葉で患者さんを治療する
治療家がいました。

彼の名はエミール・クーエ

クーエは医師でも看護師でもありま
せん。元々は薬剤師でした。

そんなクーエが催眠療法家となり、
喘息、腸炎、痛風、下半身まひなど、
様々な症状でやってくる患者さんを
年間で15,000人も治療しつづけた
のです。

クーエは20年間、自分に語りかける自己暗示を研究し続け、
シンプルな一文を完成させました。

それを自身の診療に組み合わせると何と“93%”という
当時の他の病院の5倍の治癒率を達成したのです。

その一文とは

クーエの自己暗示文

このフレーズは“一般公式”と呼ばれ、
これを繰り返し唱えることで

体の不調だけでなく、心の不調までを改善し
セルフイメージもアップ
していくのです。

クーエはこの一文を完成させるまでに、
さまざまな暗示文を作り研究を重ねました。

語尾を過去形や未来形に変えてみたり、
いろいろな単語を付け加えたりしながら、
万人に効果が出る一文を追求したのです。

たとえば「私は健康だ」という暗示文を繰り返し唱えても

元々「自分は健康」と潜在意識のレベルで
感じている人には有効なのですが、

病気がちだったり、不治の病に冒されている人は
潜在意識に「健康ではない」という記憶、想念があるために
反発がおきてしまい、健康になりづらいのです。

クーエが練りあげた
「私は毎日、あらゆる面でますます良くなっている」
という一文は、特定の病気や状態には触れていないことと、
人間が持っている成長欲求を引き出していること
などから、
多くの人に有効な暗示文になっているのです。

自己暗示の唱え方


クーエは研究を重ねる中で、

意志(意識)と想像(潜在意識)がぶつかるときには、
想像がつねに意志に勝つ

という法則を見い出しました。

つまり暗示を唱えるときには、効果を出そうとがんばると
意志が働いてかえって効果が出にくくなってしまうので、
淡々と唱えるようにした方がいいのです。

クーエは意志が働きにくいタイミングとして
朝目覚めたとき、そして夜寝る前に暗示文を
20回ずつを目安に唱える
ことを勧めています。

ゆったりとした気分で、効果を期待せずに唱えていきましょう。

数ヶ月も経たないうちにあなたの心身が改善され、
セルフイメージも大きく進化していくことでしょう。



セルフコントロール技法“士禅”について 自分の心を自在にコントロールする
“士禅”についてはこちらから



書籍「メンタルパワー」出版


Menu


インフォプレナーズ
ジャパン株式会社

千代田区二番町1-2
番町ハイム918号
一般財団法人真ん中Holdings内
電話 03-5357-1307
FAX 03-5357-1308